課題

HBSにはFIFAワールドカップのイベントロジスティクスをサポートする膨大な量の情報を管理する方法がありませんでした。

解決方法

EkoheはWulin Masterデータプラットフォームで成功を収め、放送ストリーミングの権利からオンサイトのスタッフ管理まで、グローバルワークフローを一元化しました。

結果

HBSとFIFAはロジスティクスで完全な勝利を収めており、世界中の視聴者の増加に合わせて効率の良さとスケールの両方を可能にします。

提供サービス

エンタープライズリソース戦略
プロセス自動化
フルスタック開発
データ統合
データサイエンス
継続的サポート

詳細

ホストブロードキャスティングサービス(HBS)とFIFAは、長年にわたってワールドカップを成功に導いてきました。しかし国際市場の成長につれ、世界最大のスポーツイベントの調整は複雑になっていきました。現場のチームは、紙、スプレッドシート、冗長な作業ストリームの山に埋もれていることに気づきました。21世紀の視聴者とパートナーの進化するニーズを満たすために、HBSとFIFAは試合運びを強化する必要があることを認識していました。

HBSとFIFAは、スプレッドシートと紙での作業を直感的で拡張可能な自動化主導のソリューションに置き換えました。

Ekoheは2008年にHBSと協力し、この課題を戦略的に実行しました。Wulin Masterデータ管理プラットフォームを使用し、重要なイベントロジスティクスを総合的に管理するためのERPを構築しました。TV・ラジオ放送の権利やユニットの注文から、イベント建設やエンジニアリング、制作チーム向けのリソースの割り当てやレポートまで、私たちの自動化主導型ソリューションは膨大な量のデータを活用します。スタッフの輸送、宿泊施設、大会身分証の管理から世界中のホスト国のユニフォームに至るまで、私たちのソフトウェアスイートとそれに付随するWebアプリケーションは、多数のユーザーと管理者の日々の迅速なターンアラウンドを促進します。

すべての放送およびイベント管理リソースを1つのページにまとめることで、HBSは効率を最大化すると同時に収益を増やすことができました。私たちはこれまで3つのFIFAワールドカップ、2つのアジア競技大会、1つのラグビーワールドカップで差別化された価値を生み出したことを誇りに思っています。

Wulin Master

Wulin Masterはエンタープライズアプリケーションを開発するための直感的で豊富なオープンソースフレームワークです。Ekoheによって生み出されたWulin Masterは、超高速の開発とビジネスデータの最適化されたパフォーマンスを可能にします。主な機能は次のとおりです。

• データグリッド、フレキシブルなフィルタリングおよびソートシステム
• キーボードフレンドリー、バッチ操作の実行
• Excelのエクスポート
• PDFレポート
• 監査
• フレキシブルな役割と許可システム

その他の事例

前へ進みましょう。
まずはご相談ください。

お問い合わせフォームまたはメール info@ekohe.com にてご相談内容を送ってください。
私たちがビジョンを現実にするのをサポートします。





個人情報の取扱いに同意してください